我々が学生時代、高校の時に奴隷になったイベント、それは部活だ。

わたくしが学生時代、高校の時に下部になった事態、それは部活だ。わたくしはハイスクールご時世、サッカー部に入っていました。なので私の望みは、サッカープレーヤーになることでした。中学校まで全国的にはニッチだったわたくしは、高校の時に一躍一流になる必要がありました。ですからハイスクール時代に選手権で全国に起きる事態、またその中で働きを残さなければならないなと思っていました。そのためには、だれよりもリハーサルすること、だれよりもサッカーに関して考えてなければいけないなと思っていました。ですから、恋愛はしなかったし、いまいち友達って遊ぶことはありませんでした。そのため、サッカー界での友達は多かったのですが、ハイスクールでの友達って呼び込める自身はあまりいませんでした。毎日が正にサッカー漬けで、午前七日数から勉学が始まるまでリハーサルをし、放課後もリハーサル終わった後も夜の九日数までリハーサルを通じていました。往路時給のベクトルを自転車で通い、それも発達の一環としてしていました。これほどサッカーに時間を費やしていましたが、全国ビッグイベント出席はかなわなかっただ。ただし、サッカーに向き合った時間は誰にも渡り合える自負はありますし、悔恨はしていません。充実したハイスクール毎日でした。http://drualtys.com/